よくあるご質問

Q1.交通事故にあったらどうしたらいいんですか?

  1. 交通事故にあった場合、自動車を停車させて、事故現場の状況を確認しましょう。特に頭部にケガをした場合は、むやみに動かないようにしましょう。
  2. 二重事故を防ぐために道路上の危険物などをできるだけ撤去をします。後続車の車が事故に巻き込まれないように配慮しましょう。
  3. 警察へ交通事故の報告をしましょう。
  4. 相手の身元を確認する(免許証、車検証、自賠責保険証、任意保険証、名刺など)
  5. 現場の保全(交差点内のどこで事故が起きたのか、携帯カメラなどで撮影。目撃者がいれば証言を協力依頼)
  6. 保険会社へ連絡
  7. 事故直後は気が動転して症状は無くても、その後に症状が現れたら、すぐに病院などで検査を受けましょう。
  8. 病院で出してもらった診断書を警察に提出し、人身事故扱いにしてもらいましょう。
  9. 完治するまでは、しっかり病院や治療院で治療を受けましょう。

交通事故の注意点

  • ・事故現場で損害賠償の話し合い(示談)はしないようにしましょう。
  • ・事故直後、症状があれば必ず病院に行きましょう。
  • ・保険会社へ連絡しましょう。
  • ・警察へ必ず事故の連絡をしましょう。
  • ・加害者の氏名、住所、電話番号、加害車両ナンバーの確認をしましょう。
  • ・交通事故関係の書類、領収書は大切に保管しましょう。
  • ・事故の目撃者、証人になってくれそうな方がいたら、連絡先を聞いておきましょう。

Q2.交通事故が発生したら?

必ず警察に事故の届出を行ってください。事故には「物件事故」と「人身事故」の2つがあります。
ケガが軽いからといって物件事故扱いにすると、治療費の請求や後遺障害等級の認定などで不利に扱われる場合もありますので、ケガの程度に関わりなく人身事故にしておくことが重要です。(警察に診断書を提出してください。)
また、軽傷だからといって、病院や治療院に通院せず、しばらく経ってから通院した場合などは、加害者側とトラブルになることもありますので、自分で判断せずにしっかり病院で診察を受けておく必要があると思います。
また、加害者の氏名や住所、連絡先なども身分証などで確認しておく必要もあります。

Q3.交通事故に多くみられる「むち打ち症」とは?

交通事故のケガで多いのが「むち打ち症」と呼ばれている症状です。むち打ち症は、自動車の追突などの衝撃により、首がムチのようになって起こった症状の総称で、正式には「頚椎捻挫」や「外傷性頚部症候群」といいます。むち打ち症は交通事故の外傷で一番多く見られる症状であり、事故直後は症状がないか、軽く、時間が経過し、症状が強くなることがよくあります。また、レントゲンやMRI などの画像診断では、異常が見られないが、首の痛みだけでなく腕・手のしびれや頭痛、めまい、吐き気、耳鳴りなどの自律神経系の症状を慢性的に訴えることもしばしばみられます。

Q4.交通事故の治療を整骨院で受けることはできますか?

整骨院でも交通事故の治療が行えます。専門的に治療を行っている柔道整復師のいるアクア治療院(整骨院)にかかることをご検討ください。柔道整復師は、骨折や脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)、打撲などの急性外傷の専門家です。
病院などの医療機関でも専門家があるように、交通事故のむち打ちの治療も専門の治療技術、知識が必要になります。

Q5.むち打ち症だけが治療対象なの?

いいえ、むち打ち症だけでなく、交通事故で受けた捻挫や打撲、挫傷などさまざまなケガが適応します。気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

Q6.病院(整形外科)と整骨院(接骨院)はどう違うの?

設備に関していえば、病院ではレントゲンやMRI などの検査設備が充実しています。また、痛み止めの注射や薬の処方が可能です。整骨院では、検査設備は病院に劣りますし、薬の処方もできません。その分、整骨院では手技による施術をおこなうため、しっかりと患者さまに「手をかける」治療を行います。

Q7.現在、他の病院で治療中なのですが、治療院の治療は受けられますか?

はい、大丈夫です。治療院へお気軽にご相談ください。病院と併用して治療院に通うことも可能です。

Q8.事故当日は症状が軽かったのに、2、3日後から痛みが強くなり困っています。どうしたらよいですか?

交通事故のケガの場合、事故当日は症状が軽く、後日、悪化してくることがよくあります。我慢をせずに、お気軽に治療院へご相談ください。

Q9.交通事故のケガの場合、事故当日は症状が軽く、後日、悪化してくることがよくあります。我慢をせずに、お気軽に治療院へご相談ください。

保険会社の担当者によっては、治療院での治療を好まず、「病院で治療してください」という方もいると聞きます。しかし、治療先を選ぶのは、被害者さまです。

Q10.人身事故の発生から解決までのながれは?

まずはしっかり治療に専念してください。治療を続け、そのケガが治った場合、その時点で示談交渉となります。また、万一、治療を続けても治らずに後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級の認定を受けることになります。その認定を受けた後、示談交渉となるのが、一般的です。示談交渉とは、当事者同士の話し合いによる解決のことで、その話し合いで解決できない場合、交通事故紛争処理センターなどのADR(裁判外紛争処理機関)、弁護士による示談交渉もしくは裁判などにより解決することを検討しなければなりません。弁護士のご紹介も行えます。お気軽にお問合せください。

Q11.症状固定とは?

症状固定とは、治療を続けたが最後の最後、症状が良くも悪くもならずに残ってしまった状態のことで、医学上一般に認められた医療を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態をいいます。さらに症状固定には、賠償期間の終了を意味する側面もあります。つまり、その後の治療費や通院交通費、慰謝料などは請求できなくなるのが一般的です。
残ってしまった症状(後遺症)については、後遺障害等級に認定されるかどうかで判断することになります。

Q12.治療中に保険会社から治療費の打ち切りをいわれた場合は?

事故解決までの重要なポイントであるといえます。まず、治療費を打ち切られるからといって、病院や整骨院に通ってはいけないということではありません。症状が残っていて、治療がまだ必要だと思われる場合は、病院の先生とも相談し、引き続き通院を続けるのがよいのではないでしょうか。打ち切られた後の治療費については、当面自己負担となりますが、その後の示談交渉などで請求できる場合もあります。但し、相手方が負担するかは交渉次第です。
被害者さまにとっては、重大な決断が必要になりますので、出来るだけ早く専門家(弁護士・行政書士等)にご相談ください。

交通事故の周辺知識Q&A

Q1.自賠責保険と任意保険

自賠責保険と聞いて、みなさんが思い浮かべるのは、「自動車を購入したときや車検の時に支払っているもの」という認識ではないでしょうか。この自賠責保険は、自動車による人身事故の被害者救済が目的で、加害者が被害者に支払う損害賠償額のうち、一定額を限度として保険金の支払を保障しているものです。つまり、自動車を利用しているみなさんから掛け金を集めて、事故被害者の負担を軽くする制度なのです。

Q2.それでは任意保険とは?

自賠責保険でカバーできない損害の賠償のために備えて、みなさんが民間保険会社と契約する自動車保険のことです。自賠責保険は保険金の上限が決められており、その上限を超えた部分について任意保険会社から支払を受けることができます。つまり、自賠責保険で被害者の全損害をまかなえた場合、任意保険からは一切支払いがなされません。

Q3.万一、後遺症が残った場合、どうすればいいですか?

後遺障害等級の認定申請をして、その後遺症が等級として該当するものかどうか、該当するとしたら何等級に該当するかを明らかにします。ちなみに、後遺障害等級は1級から14級まであり、その種類は138に分類されています。

Q4.自賠責保険における慰謝料の計算はどのようになっていますか?

自賠責保険の「支払基準」には次のように定められています。
1. 慰謝料は、1日につき4,200円とする。
2. 慰謝料の対象となる日数は、被害者の傷害の態様、実治療日数その他を勘案して、治療期間
の範囲内とする。具体的な計算方法は、治療期間の総治療日数と、実治療日数を2倍した日数のどちらか少ない日数に4,200円をかけて計算されます。

【計算例】
総治療日数が3 ヵ月(90日間)で、その間の実通院日数が40日の場合。
90日(3ヵ月)<80日(40日×2)=80日×4200円=336,000円
  • 治療への想い 当院が大切にしている治療への想い
  • FAQ よくあるご質問をご紹介します
  • お客様の声 患者様のご意見やご要望をご紹介します
  • 交通事故治療の実績 交通事故治療の実績をご紹介します

アクア治療院 本院 @aquachiryoin

ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡ください 011-664-9805

アクア治療院 本院

住所:
063-0061 札幌市西区西町北4丁目3-11
交通:
地下鉄東西線 発寒南駅 2番出口より徒歩3分
駐車場:
有り(9台分)
電話番号:
011-664-9805
診療時間:
年中無休 (正月三が日を除く) 10:00~20:00 (12:00~14:00は休憩)

アクセスマップ

診療時間 年中無休(ただし、年末年始を除く)10:00~20:00

ページの先頭へ戻る。交通事故治療